台湾に行ってきました

1985年に自転車でお世話になって以来、台湾に通い続けています。色んなサイトにバラバラになっていた昔の記事を一念発起して一か所に集めてみました。右のカテゴリーをクリック頂くと、纏まって関連する記事が見れるようになっていますので、ご興味のある方はどうぞ。謝謝!!!!!

台湾に行ってきました イメージ画像

台南

いよいよ帰国日の朝となった。少し時間があったので、最後の挨拶にお店に向かう。チーカン楼は朝早くてまだ開いていないので、塀の上から撮影。朝ごはんは春巻きをテイクアウト。並ばずに買えて得した気分。このお店はひどい時なら長蛇の行列が西門路のロータリーまで伸びて
『2019年 台南(17)』の画像

早いもので帰国前日となりました。マルやんのお店に向かう途中、チーカン楼付近で朝ご飯。ここは有名なお店ですが、食べるのは初めてな気がする。ルーロウ飯1杯しか注文しないお店にはありがたくない客でも丁寧に対応してくれたので良い店であることがわかる。台湾人なら魚丸
『2019年 台南(16)』の画像

今回住んでいる部屋の写真を一度も撮っていなかったので記録に残す。アパートの4階の部屋。ベットは2段ベットなので、学生さんなんかの宿舎にも使われるのかも知れません。 朝ご飯はマルやんのお店の対面で豆乳と蛋餅。蛋餅の具はトウモロコシにした。日本の植民地時代に沙
『2019年 台南(15)』の画像

この日の朝は体が非常に軽かった。昨日までは病んでいたことが良くわかる。やはり健康はありがたい。元気よく6時過ぎにアパートを出発。何時も通る道から見える看板。映画の看板だとばかり思っていたが、今日中身を良く見てみるとそうではなさそう。ひょっとして美容整形外科
『2019年 台南(14)』の画像

逆流性食道炎は収まったものの、そのダメージなのか全身に力が入らずフラフラな一日でした。病気を発症する前の日は雨で気温が下がり、私は震えるほど寒く感じ、寒さに強いはずの日本人が台湾人より寒がるなんて変だねえと思っていましたが、後から考えてみると、あの時に体
『2019年 台南(13)』の画像

この日はフラフラと歩いて出勤。豆乳とパイナップルケーキを食べる。これを台湾人に言わせてみると胃が調子が悪い時は、甘いものや豆類は食べてはいけないものだそうだ。数人から言われたので、台湾ではこの手の民間医療の言い伝えが日本以上に徹底している気がする。ちなみ
『2019年 台南(12)』の画像

この日の朝はお客さんが朝一で来るとの連絡あり、慌てて朝ご飯を食べる。豆乳と油条。お昼は台湾人の友人が「新市」まで昼ごはんで連れて行ってくれた。 水餃子。美味しい。ホルモンもいける。新市の町並み 2軒目は、友人の元同僚たちに合流してトマト牛肉麺。アッサリして
『2019年 台南(11)』の画像

朝ご飯はマルやんのお店近くで。魯肉飯を頼むつもりが書き間違えて、魚デンプご飯になってしまう。ま、こんな間違いも偶には良いかと肯定的に頂いた。お昼は行き当たりばったりで歩いてみる。軟骨ご飯。柔らかくて美味しい。2軒目。実はあまり期待していなかったが、鰹節が香
『2019年 台南(10)』の画像

今朝はマルやんのお店に「出勤」する途中で閃いて「涼麺」を食べる。美味しかったですが、少し私のイメージと違っていた。私が一番食べたかったのは、具はキュウリくらいの非常にシンプルなもので、その見かけのチープさと美味しさの落差が大きいものでした。昼は国華街を少
『2019年 台南(9)』の画像

この日の朝ご飯はネット記事で見つけた「蛋餅店」です。このお店の名物は「猪排蛋餅」です。中にはタレに漬けた豚肉が入っており、結構美味しい。この日も一軒では終わらない。ニンニクを少し加えると、更に美味しい。昼ご飯は台湾人の友人が連れて行ってくれた。今までは携
『2019年 台南(8) 』の画像

この日はマルやんのお店の対面で朝ご飯。昼ご飯は少し遠くまで遠征する。民権路を進む。目的地に到着。台湾のネット記事でこれが紹介されており、「一目惚れ」でした。卵チャーハンにトンカツを乗せてあり、ボリューム満点で、65元(約240円)とはCP値が高い。ショーロンポー
『2019年 台南(7)』の画像

この日の朝ご飯は金華路の初めて飛び込んだお店。ここの魯肉飯は普通に美味しい。もし台湾人だったら、もう一品スープを取っているはずなので、私の選定はまだまだ外国人レベルですね。修行が足りてません。朝っぱらから「悪い癖」が発症。マルやんのお店に戻ると、対面の新
『2019年 台南(6)』の画像

昨日食べたパイナップルが超美味しくて、産地である関廟に行きたくなり、朝一でバスに乗って出かけた。台南駅前から関廟までバスで1時間弱くらい。最初は関廟の市場の散策です。これが一番おもろい。市場の中でもバイクは走っても良いのです。  このお店の名前は非常にユ
『2019年 台南(5)』の画像

今朝は台南人のある友人を驚かせてやろうと、彼が働いている郊外にある市場に出かけた。市場の朝は早いので6時頃に台南駅のバス停に行ったが7時までバスはなかった。時間があったので台南駅の散策を少し。地下通路。あっ、台南駅は改装中でした。2階部分のホテルも再現される
『2019年 台南(4)』の画像

今住んでいるアパートからマルやんのお店に向かいます。今朝は成功路経由で向かいました。今日の朝ご飯はココ。マルやん一押しのチマキ屋さん。いつ来ても「肉チマキ」は売り切れなので、頼むときは「チマキ下さい」としか言わなかったのですが、するとお店の人は「肉チマキ
『2019年 台南(3)』の画像

今朝は成功大学に出かけました。以前はここで中国語を勉強していたことがあるので、その時の先生を驚かせてやろうとサプライズで出かけたのでした。成功大学と言えば、やはりこの樹ですよね。昭和天皇が皇太子時代に植樹したと言われており、今でも大切にされているのは嬉し
『2019年 台南(2)』の画像

日本のゴールデンウィークも近づき、台南の「マルやんビンロウ店」を訪れる日本人も増加するので、お手伝いをするために台南に出かけました。久しぶりの関空第2ターミナルです。LCC用の飛行場として世界一の評価を受けているようです。凄い。飛行場は徹底的にコストダウンさ
『2019年 台南(1)』の画像

台南は台湾でも美食の町として有名ですし、これまでも台南に行く時は食べることを最大限に楽しんできた。グルメのリストも色々と発表されていますが、今回は偶々You tubeで発見した「60秒看完台南必吃的50道小吃(60秒で見れる台南で必ず食べるべき50の小吃)」が面白かった
『台南でどれだけ食べれるか?』の画像

一青妙さんのアドバイスもあり、マルやんが人生初の文章をネットに投稿しています。http://www.nippon.com/hk/column/g00433/  9月6日時点で、1698名の「いいね」と、128件もの「シェア」が記録されており、馬路楊の人生初の投稿が如何に皆さんに注目されているかを物語って
『マルやんの発表記事』の画像

台南にドップリと浸かる日々も最後の日となりました。日本に帰らないといけません。朝一は名残惜しくマンゴを食べる。超美味しい。なんでこんなに美味しいのだろう。私はマンゴを食べ過ぎると目が腫れ上がる。このところ沢山食べ過ぎなのでヤバいかも知れない。でも腫れても
『マルやんの講演会(15)旅も終わり』の画像

マルやんの講演会も終わり、50のお店のリストも制覇し、特に何があるわけでもなく、朝起きてマルやんのお店に向かって道草して食べ歩きながら一日が過ぎていく。これって贅沢な時間かもね。薬局です。事後でも99.9%効果ある避妊薬って超凄いですよね。「安全性高絶対避妊」
『マルやんの講演会(14) 何もしない一日』の画像

朝の台南駅前の風景です。一部結構激しく盛り上がっていました。何なのか分かりませんが、「蔡英文辞めろ!」とか叫んでいたので、先日のユニバーシアードの入場式を妨害した人達と同じように年金改革等に反対しているものと思われます。駅前からバスに乗って郊外の町「関廟
『マルやんの講演会(13) 関廟へ』の画像

朝の恒例の散歩でマルやんのお店まで歩く。途中で適当に朝ご飯。鉄板のチマキとみそ汁の組み合わせ。朝ご飯の第2弾は「丹丹漢堡」今回はハンバーガーを食べてみたかった。このフライドチキンのバーガーは結構旨かったですね。お昼はマルやん一押しのお店で食べる。いつも「田
『マルやんの講演会(12) 市内でダラダラ』の画像

朝ご飯は50のお店の「阿松割包」価格表には「1セット2個で70元」と書いてあったので、2個食べる覚悟で頼んだのですが、主人は「1セットですか、1個ですか?」と確認してきたので、「えっ、1個で良いなら1個でお願いします」となりました。価格も35元と丁度半額でした。ここも
『マルやんの講演会(11)塩水へ』の画像

朝のお散歩。 ふと見つけた廟のゲートの向こうに見える市場に足を踏み入れてみました。門に気を取られて気づかなかったが、ここは鴨母寮市場だった。ここなら何度も来たことがある市場でした。朝ご飯は、ここにした。掲げてある横断幕が面白い。「祝、開店半年になるのに、
『マルやんの講演会(10) 講演本番です』の画像

朝宿を出て、マルやんのところに向かう途中で、食べ歩きに精を出しています。保安路にある50のお店である「阿鳳浮水魚羹」を攻略。サバヒのすり身ダンゴが入った餡かけスープ。朝ごはんなので、中華麺を入れてもらう。この魚の生臭さが苦手な日本人は多いが、ここのすり身ダ
『マルやんの講演会(9)やっぱり食べてます』の画像

「台南の50の小吃」の制覇に挑んでいますが、そんな私に呆れることもなく協力してくれる友人には感謝感激です。リストはあるものの、レストランがどこにあるのかわからなかったために、友人がネットで検索し、住所を確認してくれました。住所と地図を眺めながら、私一人で行
『マルやんの講演会(8)一気に食い倒れ』の画像

「井仔足塩田」は前回行った場所ですが、今回もついでに連れて行ってもらいました。この塩田は既に現役ではなく、観光用に開発されているものですが、それでも私は観光客ですから見てみたいものなんです。台南市政府文化局のサイトに以下の説明がありました。台湾の製塩場の
『マルやんの講演会(7) 塩田巡り』の画像

この日は30年来の台湾の友人が相手してくれた。「どこ行きたい? 」と聞かれたので、バスでは行きにくい「飛虎将軍」の廟とお願いした。朝の待ち合わせは「マルやんのお店」としていたので、歩いて向かう。途中で見つけた広告。アルバイトのホステス募集中。最近は台南でも
『マルやんの講演会(6)飛虎将軍』の画像

三越の前を通ると、入口の前で開店を待つお客さん達がいた。どうやら台湾のデパートの開店時間は午前11時のようである。日本は10時のような気がする。台南駅に着いた。喉が渇いたので飲み物を買う。こいつにしました。黄金軽焙烏龍。看板を指さしてオーダーするが、砂糖をど
『マルやんの講演会(5)玉井へ』の画像

マルやんのお店の対面には小さな廟があるが、今日は何かの祝日らしくお祭りが始まった。 この日のお祭りについては、マルやんが詳しく説明してくれたのでご紹介します。 旧暦の7月7日は七夕で、この日は「子供が16歳になったことを神様に感謝する」行事が行われま
『マルやんの講演会(4)16歳のお祭り』の画像

ブログのタイトルは、「マルやんの講演会」でありながら、今日も講演会ネタはありません。まだまだ私が台南で単にゴロゴロしている記録を継続中。朝ご飯は「台南50の小吃」の一つである「丹丹漢堡」に行きました。このリストで良いなあと思う点は、「いわゆる老舗」ばかり集
『マルやんの講演会(3)マルやんの人生初の投稿』の画像

水仙宮市場の中に行列が出来る麺屋さんがあり、前から気になっていたので今朝行ってきました。おっ、今日はあまり並んでいないぞ。ラッキー。最初に会計するシステムで番号札をもらいました。いよいよです。海産麺です。イカや魚のすり身ダンゴも入っていますが、その他にレ
『マルやんの講演会(2)市内でゴロゴロ』の画像

8月31日に台南のマルやんが講演会でお話をすると聞いた。人生初らしい。https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfBiq6VV43XokU_jvQsShGOyHdvVyKzx5B1yj2-0N1472ryEg/viewform久しく台南には行っていない。前回の写真を見ると1年半くらい過ぎている。マルやんの講演会を「
『マルやんの講演会(1)』の画像

 台南は台湾でも美食の町として有名です。多くの動画でも紹介されていますが、中でも私のお気に入りの動画をご紹介します。詳細な情報を丁寧に教えてくれる動画も有用ですが、この動画は全く逆の路線で、たったの60秒でテンポよく50の小吃 を一気にご紹介するコンセプトで
『台南の50の小吃』の画像

台南の友人に車で連れて行ってもらいました。 阿扁の実家。この写真を撮影した当時は正か今のようになるとは想像も出来ませんでした、、、、ま 政治の話は抜きにして台南の田舎をご紹介します。菱角が名物みたいですね。面白い形をしています。恐る恐る食べてみると、外見
『2005年 元総統の実家 官田』の画像

土曜日の夜は麻豆の友人の家に遊びに行き、夕食を頂きました。日曜日は台南の街にくりだし、 前から気になっていた歴史のあるお店を食べ歩きました。蒸し暑いなか、本当に食べて歩いて疲れましたが、美味しい食べ物と爽快なビールと好奇心が満たされ大満足。食べ歩き開始前に
『2004年 台南の小さなお店』の画像

武廟のあたり保険局のバス停。保険局の前にある広告が、メチャ胡散臭い「整形」の広告であるところが凄い。顎を削ったり、胸を大きくしたり、その他、顔のパーツも如何様にでもいじりたおします。凄く中国っぽい感じ。最後の朝食はコレです。「豆乳」に「焼餅油条」。揚げパ
『いざ台南(その16:退却 )』の画像

今朝は「蝦仁飯(エビご飯)」でスタート。他に有名店がありますが、朝早くにはやってません。ここのご飯は、より「もち米感」が強く、おこわのようでした。味も薄目で、有名店のチャーハンのようなものとは少し違う。おかずと添えて食べたい感じかな。「蝦仁湯(エビのスー
『いざ台南(その15:最後の活動日)』の画像

昨日はコレで良い感じだったので今日も永楽市場で「苦茶」流石に日曜日は行列が凄い。金得春巻も富成号もメチャ並んでいました。永楽市場の隣の水仙市場に移動。気になっていた入り口の立ち食い寿司屋に突撃。炙り握り寿司。炙っているので同じように写ってますが、サーモン
『いざ台南(その14:20日の午後の活動 )』の画像

朝は小雨が降ってました。私の場合は、「こりゃ行列が少ないかも」といそいそと牛肉湯の有名店に出かけました。7時半に到着。その場で牛肉を細切りにして、それを丁寧に一人分づつ茹でていました。そりゃ時間がかかりますね。私なら先に大量に細切りにしておいて、大量に茹
『いざ台南(その13:朝の牛肉湯)』の画像

公会堂呉園一応タンツー麺も食べておかないとね。客家料理を発見客家小炒で一杯道端に貼ってあった十二支の占い。サッパリ意味わからないが、私の寅年は、どうみても悪そうなイメージの言葉が並んでいますね。今年はダメな年なんかなあ。マルやんところで教えてもらったワッ
『いざ台南(その12: 市内でプラプラ )』の画像

水仙宮市場これ「茶碗蒸し」なんですよ。台南の町を歩いていると、こんな行列に出会うことは珍しくない。町中に廟があり、一年中どこかの廟で何かの行事をやっています。伝統的な廟の行列と、この手の車の関係は不明。台南で今人気のプリン屋のプリンをマルやんが買っておい
『いざ台南(その11:朝のお散歩)』の画像

ここは日本時代には松町と呼ばれ、日本陸軍歩兵第二連隊の官舎でした。終戦後は工学院の教授の官舎として利用されていましたが、最近は芸術家がやってきて、「321巷芸術村」と呼ばれるようになりました。321巷芸術村のすぐそばにある「是吉珈琲」。マルやんに紹介して
『いざ台南(その10:休憩 )』の画像

水晶教会といい、ハッタリの教会?がいま台湾で流行しているようです。ここは中でも最新の教会で、世界中で報道されているようです。何でハイヒールやねん? どこが教会やねん?模範演技。相変わらず写真が苦手な私。カメラマンに急かされて渋々カメラの前に。笑えない性格
『いざ台南(その9:布袋)』の画像

「麻豆」に出かけたついでに、日ごろ中々行けない「北門」「布袋」「新営」を友人に車で連れていってもらいました。台南近辺の海側は、その昔は塩田が沢山あったようで、今でも観光用として塩田が残っている所があります。そのうちの一つである「北門」を初めて訪問しました
『いざ台南(その8:北門 )』の画像

30年来の麻豆の友人の1人のお父さんが亡くなられた。朝出棺の儀式に参加してから朝ごはんを食べた。例によって、「トンベン、何食べたい?」と親切に気を配ってくれる.。麻豆市場の「魚フライの餡かけ麺」をリクエスト。「へー、よく知っているなあ。あそこは同級生の弟がや
『いざ台南(その7:麻豆 )』の画像

30年来の友人との夕食。私が異常なほどに食べ物に関心を示すことをよく知っているので、「トンベン、何が食べたい?何?何?」と聞いてくれるのは非常に嬉しいことですね。さて、夕食の記録です。私も図々しいので、「宴会料理を食べたい」というと、「今日は3人なので宴会料
『いざ台南(その6:2日目の夕食)』の画像

武徳殿の管理人さんから教えてもらった「蘇家」を訪問するべく路地に入り込む。何も表示無く、凄く不安。路地を入り込むとひと時代前の雰囲気。但し、今でも綿々と人々が住んでいるようです。「蘇家」は新化の歴史的建造物の代表的なもの。175年くらいの歴史があるそうです。
『いざ台南(その5 新化、老街へ)』の画像

台南の中心部からバス30分くらいの「新化」に出かけてみた。 (wikipedia) 新化区の旧名は「大目降」であり、古くは平埔族の居住地であった。「大目降」とは平埔族語の「TAVOCAN」であり「山林之地」の意味である。 康熙年間に編纂された『台湾県志』には「大目降庄」の記
『いざ台南(その4:新化 武徳殿 )』の画像

↑このページのトップヘ