朝の麻豆の市場

V_IGP2568-007

V_IGP2567-006

V_IGP2566-005

V_IGP2565-004

朝ごはんはココ

V_IGP2563-003

V_IGP2560-001

V_IGP2562-002

バスで烏山頭水庫に行く

V_IGP2570-009

30年前に初めて自転車で台湾に来た時に、この中にあった国民宿舎に泊まりました。当時は「八田與一」の話は知りませんでしたから、まさか日本人ゆかりの地だとは当時知りませんでした。

V_IGP2569-008

最近は八田與一の偉業のおかげで烏山頭水庫も有名になりました。

V_IGP2576-013

V_IGP2577-014

V_IGP2578-015

V_IGP2579-016

V_IGP2580-017

V_IGP2581-018

V_IGP2582-019

V_IGP2584-021

V_IGP2585-022

V_IGP2586-023

V_IGP2587-024

V_IGP2588-025

V_IGP2589-026

V_IGP2590-027

V_IGP2591-028

水庫建設時の日本人官舎が再現されていました。

V_IGP2592-029

V_IGP2593-030

V_IGP2594-031

V_IGP2595-032

当時からテニスコートはあったようです。

V_IGP2596-033

V_IGP2597-034

V_IGP2598-035

八田夫人像

V_IGP2599-036

V_IGP2600-037

V_IGP2601-038

V_IGP2603-040

V_IGP2604-041

V_IGP2605-042

八田邸は一番大きかったです。

V_IGP2606-043

通りの名前も八田路

V_IGP2602-039



V_IGP2607-044

V_IGP2608-045

V_IGP2609-046

V_IGP2610-047

V_IGP2611-048

V_IGP2612-049

V_IGP2615-052

V_IGP2616-053

今では民間のホテルに変っていますが、30年前に私が宿泊した国民宿舎。

V_IGP2617-054

V_IGP2618-055

V_IGP2620-057

戦争末期は銅像なんかも供出させられる世の中だったようで、地元の人が銅像を隠していた為に、今でも残っているそうです。銅像の後ろに八田さんと奥さんのお墓があります。

V_IGP2621-058

V_IGP2622-059

V_IGP2624-061

V_IGP2626-063

V_IGP2628-065

V_IGP2629-066

V_IGP2630-067

V_IGP2631-068

V_IGP2632-069

V_IGP2633-070

V_IGP2634-071

V_IGP2635-072

V_IGP2637-073

V_IGP2638-074

V_IGP2639-075

画 KANOの一場面がここで撮影されたそうです。八田婦人が自殺した場所でもあります。

V_IGP2640-076

V_IGP2657-091

V_IGP2660-094


V_IGP2643-077

V_IGP2644-078

V_IGP2645-079

V_IGP2646-080

V_IGP2647-081

V_IGP2648-082

V_IGP2649-083

V_IGP2650-084

V_IGP2651-085

V_IGP2652-086

V_IGP2653-087

V_IGP2654-088

V_IGP2655-089

夫人は学校を卒業して16歳で與一と結婚した。学校の卒業式の写真ですが、その髪型が時代を想起させます。

V_IGP2656-090


V_IGP2659-093

お昼ごはんはひとり鍋

V_IGP2663-095

V_IGP2664-096


V_IGP2665-097