台湾に行ってきました

1985年に自転車でお世話になって以来、台湾に通い続けています。色んなサイトにバラバラになっていた昔の記事を一念発起して一か所に集めてみました。右のカテゴリーをクリック頂くと、纏まって関連する記事が見れるようになっていますので、ご興味のある方はどうぞ。謝謝!!!!!

台湾に行ってきました イメージ画像

更新情報

花蓮のお宿。日本人が経営する民宿。8年ほど前に来た時も同じ宿でした。安くて快適。朝ごはん。ここは超有名な肉マン屋さん。昨夜見たときは長蛇の列でした。特別旨いわけではない普通の肉マン。小ぶりで可愛い所は好ましい。1個5元と超安い値段と、そこそこの美味しさのバラ
『2014年東海岸/2.花蓮の朝市』の画像

愛媛の松山?   台北にも松山駅はあるんですよね。 家が近いので旅は松山駅から出発です。愛媛の松山から贈られた御輿です。台鉄自慢の最新鋭の特急列車の普悠瑪号に初めて乗ります。平日なので意外に簡単に切符が買えました。花蓮駅に到着目標は清水の絶壁。公共のバス
『2014年東海岸/1.清水断崖』の画像

外も見るからに古い。でも場所は良いよ。朝ご飯に出かけるついでに、久しぶりの「生りんご日報」豆乳と油条。台湾のはやはり美味しい。ついでに小籠包も食べる。 有名店とは違って半端な一品ですが、私はこれでも満足ですね。あっ、もう1軒引っかかる。トウモロコシの蛋餅を
『2016年 台湾弾丸旅行(2)』の画像

台湾新幹線プロジェクトの軌道工事関係者の工事完成10周年記念が台北で行われたので参加した。参加者は総勢140名で、うち日本人も80名も参加していたらしい。10年もたてば日本で開催しても中々人は集まらないと思いますが、台湾で開催してこの参加人数は驚異的だと思います。
『2016年 台湾弾丸旅行(1)』の画像

今回は番外編です。20年近く前に「お父さんの為の中国語講座」ってタイトルで、中国語の歌詞に発音を平仮名でルビを振ってネットで公開していたことがありましたが、今ではそのプロバイダーが廃業してしまい私のサイトも消滅して久しいです。今朝無性に中国語の歌を聴きたく
『お父さんの為の中国語講座:魚仔』の画像

台南は台湾でも美食の町として有名ですし、これまでも台南に行く時は食べることを最大限に楽しんできた。グルメのリストも色々と発表されていますが、今回は偶々You tubeで発見した「60秒看完台南必吃的50道小吃(60秒で見れる台南で必ず食べるべき50の小吃)」が面白かった
『台南でどれだけ食べれるか?』の画像

一青妙さんのアドバイスもあり、マルやんが人生初の文章をネットに投稿しています。http://www.nippon.com/hk/column/g00433/  9月6日時点で、1698名の「いいね」と、128件もの「シェア」が記録されており、馬路楊の人生初の投稿が如何に皆さんに注目されているかを物語って
『マルやんの発表記事』の画像

台南にドップリと浸かる日々も最後の日となりました。日本に帰らないといけません。朝一は名残惜しくマンゴを食べる。超美味しい。なんでこんなに美味しいのだろう。私はマンゴを食べ過ぎると目が腫れ上がる。このところ沢山食べ過ぎなのでヤバいかも知れない。でも腫れても
『マルやんの講演会(15)旅も終わり』の画像

マルやんの講演会も終わり、50のお店のリストも制覇し、特に何があるわけでもなく、朝起きてマルやんのお店に向かって道草して食べ歩きながら一日が過ぎていく。これって贅沢な時間かもね。薬局です。事後でも99.9%効果ある避妊薬って超凄いですよね。「安全性高絶対避妊」
『マルやんの講演会(14) 何もしない一日』の画像

朝の台南駅前の風景です。一部結構激しく盛り上がっていました。何なのか分かりませんが、「蔡英文辞めろ!」とか叫んでいたので、先日のユニバーシアードの入場式を妨害した人達と同じように年金改革等に反対しているものと思われます。駅前からバスに乗って郊外の町「関廟
『マルやんの講演会(13) 関廟へ』の画像

朝の恒例の散歩でマルやんのお店まで歩く。途中で適当に朝ご飯。鉄板のチマキとみそ汁の組み合わせ。朝ご飯の第2弾は「丹丹漢堡」今回はハンバーガーを食べてみたかった。このフライドチキンのバーガーは結構旨かったですね。お昼はマルやん一押しのお店で食べる。いつも「田
『マルやんの講演会(12) 市内でダラダラ』の画像

朝ご飯は50のお店の「阿松割包」価格表には「1セット2個で70元」と書いてあったので、2個食べる覚悟で頼んだのですが、主人は「1セットですか、1個ですか?」と確認してきたので、「えっ、1個で良いなら1個でお願いします」となりました。価格も35元と丁度半額でした。ここも
『マルやんの講演会(11)塩水へ』の画像

朝のお散歩。 ふと見つけた廟のゲートの向こうに見える市場に足を踏み入れてみました。門に気を取られて気づかなかったが、ここは鴨母寮市場だった。ここなら何度も来たことがある市場でした。朝ご飯は、ここにした。掲げてある横断幕が面白い。「祝、開店半年になるのに、
『マルやんの講演会(10) 講演本番です』の画像

朝宿を出て、マルやんのところに向かう途中で、食べ歩きに精を出しています。保安路にある50のお店である「阿鳳浮水魚羹」を攻略。サバヒのすり身ダンゴが入った餡かけスープ。朝ごはんなので、中華麺を入れてもらう。この魚の生臭さが苦手な日本人は多いが、ここのすり身ダ
『マルやんの講演会(9)やっぱり食べてます』の画像

「台南の50の小吃」の制覇に挑んでいますが、そんな私に呆れることもなく協力してくれる友人には感謝感激です。リストはあるものの、レストランがどこにあるのかわからなかったために、友人がネットで検索し、住所を確認してくれました。住所と地図を眺めながら、私一人で行
『マルやんの講演会(8)一気に食い倒れ』の画像

「井仔足塩田」は前回行った場所ですが、今回もついでに連れて行ってもらいました。この塩田は既に現役ではなく、観光用に開発されているものですが、それでも私は観光客ですから見てみたいものなんです。台南市政府文化局のサイトに以下の説明がありました。台湾の製塩場の
『マルやんの講演会(7) 塩田巡り』の画像

この日は30年来の台湾の友人が相手してくれた。「どこ行きたい? 」と聞かれたので、バスでは行きにくい「飛虎将軍」の廟とお願いした。朝の待ち合わせは「マルやんのお店」としていたので、歩いて向かう。途中で見つけた広告。アルバイトのホステス募集中。最近は台南でも
『マルやんの講演会(6)飛虎将軍』の画像

三越の前を通ると、入口の前で開店を待つお客さん達がいた。どうやら台湾のデパートの開店時間は午前11時のようである。日本は10時のような気がする。台南駅に着いた。喉が渇いたので飲み物を買う。こいつにしました。黄金軽焙烏龍。看板を指さしてオーダーするが、砂糖をど
『マルやんの講演会(5)玉井へ』の画像

マルやんのお店の対面には小さな廟があるが、今日は何かの祝日らしくお祭りが始まった。 この日のお祭りについては、マルやんが詳しく説明してくれたのでご紹介します。 旧暦の7月7日は七夕で、この日は「子供が16歳になったことを神様に感謝する」行事が行われま
『マルやんの講演会(4)16歳のお祭り』の画像

ブログのタイトルは、「マルやんの講演会」でありながら、今日も講演会ネタはありません。まだまだ私が台南で単にゴロゴロしている記録を継続中。朝ご飯は「台南50の小吃」の一つである「丹丹漢堡」に行きました。このリストで良いなあと思う点は、「いわゆる老舗」ばかり集
『マルやんの講演会(3)マルやんの人生初の投稿』の画像

水仙宮市場の中に行列が出来る麺屋さんがあり、前から気になっていたので今朝行ってきました。おっ、今日はあまり並んでいないぞ。ラッキー。最初に会計するシステムで番号札をもらいました。いよいよです。海産麺です。イカや魚のすり身ダンゴも入っていますが、その他にレ
『マルやんの講演会(2)市内でゴロゴロ』の画像

8月31日に台南のマルやんが講演会でお話をすると聞いた。人生初らしい。https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfBiq6VV43XokU_jvQsShGOyHdvVyKzx5B1yj2-0N1472ryEg/viewform久しく台南には行っていない。前回の写真を見ると1年半くらい過ぎている。マルやんの講演会を「
『マルやんの講演会(1)』の画像

 台南は台湾でも美食の町として有名です。多くの動画でも紹介されていますが、中でも私のお気に入りの動画をご紹介します。詳細な情報を丁寧に教えてくれる動画も有用ですが、この動画は全く逆の路線で、たったの60秒でテンポよく50の小吃 を一気にご紹介するコンセプトで
『台南の50の小吃』の画像

2003年から2005年の台湾勤務時代にホームページでアップしていたものをココに引越しさせました。時の流れと共にPCも変わりHPのアドレスも忘れ更新が出来なくなっていたものを写真をダウンロードして復活させました。何分古い情報なので、店も変わっていたりして食べ歩きガ
『食は台湾にあり』の画像

北京ダックと言うくらいですから本場中国北京で食べたものをご紹介すべきなのですが、今日は台湾という切り口で書いて見ます。私の北京ダックとの馴れ初めに遡りご紹介してみます。宜しければお付き合い下さいね。^^今回は私が愛して止まない北京ダックの御紹介です。初め
『北京ダックへの想い』の画像

台湾のスクーターは力持ち台湾はスクーター天国です。どこもかしこもスクーターが縦横無尽に走ってます。おっちゃん・おばちゃん・小姐・おかあちゃん・おとうちゃんと誰でもスクーターを操ります。歩道を走ったり、逆走したり、信号無視なんかも偶にしたりもします。交通規
『2005年 台湾のスクーターは力持ち』の画像

なんたって日式!台湾で日本風のものを日式と呼びます。日本国民として日本のものを良く見てくれている証であり、少々嬉しくもあるのですが、偶には?という日式も存在します。先日スーパーでキムチを見ていたら、キムチにも日式がありました。「そりゃ韓式にしないと」と思
『2004年 なんたって日式!』の画像

黒輪って何ですか?  台湾では結構この「黒輪」はポピュラーなものです。早い話がオデンのことで、セブンイレブンなんかでもレジの横で売っていたりします。本家の日本よりも一般的ではないでしょうか? 確か韓国でもオデンは一般的でした。まあ韓国では「オレン」と呼ん
『2004年 黒輪って何ですか?』の画像

台南の友人に車で連れて行ってもらいました。 阿扁の実家。この写真を撮影した当時は正か今のようになるとは想像も出来ませんでした、、、、ま 政治の話は抜きにして台南の田舎をご紹介します。菱角が名物みたいですね。面白い形をしています。恐る恐る食べてみると、外見
『2005年 元総統の実家 官田』の画像

バスで台北に戻りました。これから懐かしい台北の街歩きです。北門は高架に隠れてしまっています。救出してあげたいくらいです。台湾で一番最初に知り合った人のお店がある通り。延平北路。昔ここはお店が多くて活気ある通りだったそうです。大きなキャバレーなんかあったり
『2008 台湾一周途中下車の旅(10) 老舗ボレロとディーフア街』の画像

台湾を気の向くままに行ったり戻ったりウロウロしています。台湾の地理がわかる人が見たら、「こいつ一体何してんねん」といった感想をもたれるような不審な動きではないでしょうか^^蒋介石の慈湖の後は新竹に移動して、更に山奥の張学良ゆかりの温泉で一泊しようと漠然と
『2008 台湾一周途中下車の旅(9) 礁渓温泉へ』の画像

かつて台湾各地に蒋介石の像が立てられてありました。それが今では見るのが珍しくなりました。ところが今でも蒋介石の像が活躍している場所があったのです。非常にシュールな世界でした。今日は「蒋介石」が眠る「慈湖」に行くことにしました。朝早く電車で桃園まで移動し、
『2008 台湾一周途中下車の旅(8) 慈湖って知ってますか?』の画像

朝一番に花蓮駅から「光復駅」まで南下し、それから北上しながら「豊田駅」で途中下車して花蓮駅にもどりました。お昼ごはんは駅近くで「鶏肉飯」。シンプルですが、その油が回ったご飯が美味しいのですよね。^^さて夜には台北の友人と夕食の約束があるので台北に行きます
『2008 台湾一周途中下車の旅(7) 花蓮から台北へ』の画像

憧れの瑞穂温泉と紅葉温泉をササット征服の後は、花蓮で一泊するべく列車で移動しました。 駅前の客引きのお兄さんに紹介してもらった宿に決めた後、花蓮でも一番有名なワンタン屋さんに飛び出しました。 このお店は「蒋経国」が愛した店として有名です。ガイドブックには昔
『2008 台湾一周途中下車の旅(6) 豊田、そこは日本人移民の村』の画像

瑞穂の温泉。初めて台湾に行った20数年前のガイドブックにも出ていた日本時代から続く温泉。行かなくてはならない場所でした。やっと機会がありました。池上駅で途中下車した後、次の途中下車は瑞穂駅です。ここには日本時代から続く「瑞穂温泉」と「紅葉温泉」の2つの温
『2008 台湾一周途中下車の旅(5) 瑞穂・紅葉温泉』の画像

朝早く起きて高雄駅にやってきました。日本時代に建設された昔の駅舎は残されていました。良かった。新しい高雄駅は旧高雄駅の隣に建設されていますが、印象は薄いですね。でも旧駅舎は、こちらはこちらで浮浪者がうろついたりして寂しい印象。サラエボ駅もそうでしたが、や
『2008 台湾一周途中下車の旅(4) 池上弁当』の画像

台南から山岳地帯を横断して東海岸を目指すも途中でバスが無い事が判明して一旦高雄に逆戻り。高雄の夜と言えば、六合二路の夜市ですよね。 宝来温泉からバスに乗り高雄駅前に着いたのは夜でした。わき目も振らず夜市に直行でした。^^ 台湾の「りんご日報」で紹介されてい
『2008年 台湾一周途中下車の旅(3) 高雄の六合ニ路と旗津の夜市』の画像

新幹線で台南に到着。 20年来の友人に家に泊めてもらいました。駐在先の韓国から直接台湾を訪問した為に台南の友人の電話番号が分からずに事前連絡出来なかった。いきなり友人宅を訪ねる事となるもインターフォンを押せども誰も出てこない。何と友人は引越していたのでした
『2008年 台湾一周途中下車の旅(2) 台南の友人達』の画像

久しぶりの台湾でした。とにかくまずは新幹線に乗りたい。なので空港からバスで桃園駅に向かいます。高鉄 桃園駅。 流石新幹線です。モダンな駅でした。切符売り場も洒落ています。自動改札は日本と少し違うかな。南下します。BeforeとAfterの広告みたいですが、、、、今ひ
『2008年 台湾一周途中下車の旅(1) 新幹線に乗る』の画像

鹿港は私の好きな町です。古い街並みと毎日が縁日のような雰囲気が心地よくて、何度もお出かけしました。鹿港へのゲートウエイの彰化。台湾で彰化と言えば肉圓なんですよね。これって皮の部分と中身の部分がコロッと分かれちゃうので、上手い具合に食べれないのですよね。私
『2005年 鹿港のナマカシ?』の画像

もう足裏マッサージなんかは珍しくない。前から気になっていた「グアシャー」なるものを、自分の身を挺して調査してきました。グアシャとは何か? Internetでサーチすると以下のような文章にヒットしました。<刮沙(グアシャ)>宮中に古代から伝わる秘伝のマッサージと言
『2005年 謎の台湾民間療法、グワシャって知ってますか?』の画像

海外の都市でも日本料理を食べることが出来ます。但し、日本と縁が薄くて遠い外国では、首都にある超一流ホテル内レストラン等に限られ、その値段たるや非常に高いものとなります。以前イスタンブールで食べた「きつねうどん」は冷凍さぬきうどんを使用した優れもので感動しましたが、そ
『2005年 道端の日本料理』の画像

土曜日の夜は麻豆の友人の家に遊びに行き、夕食を頂きました。日曜日は台南の街にくりだし、 前から気になっていた歴史のあるお店を食べ歩きました。蒸し暑いなか、本当に食べて歩いて疲れましたが、美味しい食べ物と爽快なビールと好奇心が満たされ大満足。食べ歩き開始前に
『2004年 台南の小さなお店』の画像

鉄道で南下する時に、いつも気になる駅がある。今日はついに途中下車しました。Wikipediaより、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E9%A7%85_(%E5%BD%B0%E5%8C%96%E7%9C%8C)ついに下車しました。憧れの田中駅意外に大きな駅でした。この辺りの線路はひたすら真
『2003年 田中駅?』の画像

台湾プラスチックステーキって何ですか?  石油化学を駆使した人造肉を使用したステーキ?  いくら台湾でもそんなことはありませんね。台湾有数の大企業の名前を冠した「王品台塑牛排」というレストランで出されるステーキの事です。台湾プラスチックとの関係を昔雑誌か
『2005年 台湾プラスティックステーキ』の画像

総統府 日本時代は台湾総督府。今は総統が主なので総統府。玄関ホール 正面玄関を入ったところ。ホールは意外に狭い感じ。朝鮮総督府(今は解体されましたが)の方がゴージャスな感じです。はいチーズ^^ さすが飾らない台湾の本領発揮です。玄関ホールの左右両脇ではペラペ
『2005年 総統府って入れるんだ』の画像

東港には20年くらい前に小琉球という離島に行く時に来て以来でした。黒マグロ(本マグロ)で町興しをしている活気ある港町です。実は今回は深夜にバスで東港に向かったのですが、気がついたら何時の間にか通り過ぎていました。終点はどこか知りませんが、「えいっ。終点まで乗
『2004年 黒マグロの町 東港』の画像

ある週末。 適当にローカル線に乗ってみた。出発です ふと思い立ち台中のアパート近くのバス停からバスに乗って取りあえず彰化駅へ。普段乗ることのない、海線に乗ってみろことにしました。駅の売店で時刻表を買い、あれやこれや考えを巡らし、、、、ちょうど呂光号がいたので
『2005年 巨大な像 竹南、 そして勝興駅と断橋』の画像

台北からバスで金山に向かいました。金山は別に特長のない台湾の地方都市といった感じ・・・・おおっつ ところが一歩通りを内側に入ると興味津々の台湾世界が広がっておりました・・老街と呼ばれていました。人の熱気でムンムンだったり、ひっそりしたオールドストリートだっ
『2005年 テレサの墓参り』の画像

その昔昭和天皇に献上された台湾産コーヒーがあったらしい。今でもあるか?いても立ってもいられなくて、とにかく向かいました。いざ出発! 朝早く起きて台中駅に来ました。台湾でもコーヒーを栽培している所があるそうです。雲林県の古坑。交通手段についてInternetを駆使し
『2004年 台湾産コーヒーを探して』の画像

↑このページのトップヘ